演題登録・発表

特別公演

抄録文字数は800文字となります。
また、Congenital Anomaliesに掲載する英文抄録(250 wordsまで)のご登録もお願い致します。
英文抄録は 7月28日(木)までに演題登録サイトから登録して下さい。

シンポジウム

抄録文字数は800文字となります。
また、Congenital Anomaliesに掲載する英文抄録(250 wordsまで)のご登録もお願い致します。
英文抄録は 7月28日(木)までに演題登録サイトから登録して下さい。

一般演題発表

発表は事前に音声入りのスライド動画(mp4ファイル等・8分以内)を提出していただき、オンデマンド配信期間内で学術集会参加者が自由に視聴できるようにします。

発表者は演題の採択通知(メール)にてお知らせしたリンクから発表動画ファイルを提出して下さい。

現在、各演題に対する質問を入力し、発表者と質問者が質疑応答できるように準備を進めています。詳細は後日お知らせします。

本学術集会では若手一般演題の中から優秀演題賞を選出し、7月30日(土)14:10~14:50に講演と質疑応答をしていただく予定です。


現地発表について

  • 一般演題は発表動画のオンデマンド配信(必須)に加え、現地会場でポスター発表をしていただくことが可能です。
  • ポスター発表の会場は金沢市文化ホール1Fの展示スペースです。
    発表者の方はポスター会場入り口にてポスター受付を行い、演者用リボンを受け取ってください。
  • ポスター貼付スペースは縦160 cm x 横120 cmです(右図参照)。
    貼付スペース内にタイトル、発表者等の情報も収めてください。
    また、ポスターには利益相反に関する記載を加えてください。
    詳細は本学術集会「演題登録」ページの「利益相反自己申告のお願い」をご参照の上、開示して下さい。
  • 事前にポスターパネル上方に演題番号および発表動画と質問入力サイト にアクセスできるQRコードを掲示しておきます(QRコードは各演題専用のものです)。
  • 学術集会参加者はポスターを見ながらオンデマンド配信されている発表動画を視聴することが可能です。質問がある場合は指定のサイトから入力できるようになっています。Web上での質疑応答についての詳細は後日お知らせします。
  • ポスター掲示時間は7月29日 (金) 13:00から7月31日 (日) 15:00までとします。 7月31日(日)15:30までにポスターを撤去してください。撤去時間を過ぎても掲載されているポスターは学術集会事務局で処分いたしますのであらかじめご了承ください。
  • 7月29日 (金) 17:30~18:30をポスター討論とします。
    討論時間は、演題番号が奇数:17:30~18:00、偶数:18:00~18:30です。
    現地に来られた一般演題の発表者は、出来るだけこの時間帯にポスター会場で質問等のご対応をお願い致します。



ポスター貼付スペース

重要! 発表者が現地会場に来られない場合

  • 一般演題の発表者が現地会場に来られない場合、7月22日(金)までに発表スライドのPDFファイルを学術集会事務局  (jts62@kanazawa-med.ac.jp)にメールでご送付ください。
  • スライド枚数は12枚を上限とします。 発表動画のスライドと同じものでも、ポスター用に編集しなおしたものでも構いません。
  • 送付いただいた発表スライドは、事務局でA3サイズの用紙にスライドを4枚ずつ表示した形で印刷し、右図のような形でポスターパネルに貼り付けさせていただきます。
  • 発表内容に質問がある場合、質問者はQRコードから発表動画のサイトにアクセスし、そこから質問を入力することができます。
     (現在準備中ですので、詳細は後日お知らせします)



ポスタースライド

図) 発表者が現地に来られない場合のポスター掲示
  (印刷、掲示は事務局が行います)

演題登録期間

2022年3月28日(月)〜 2022年6月13日(月)まで延長しました。

演題登録について

下記のボタンをクリックすると、UMINの演題登録システムのページが開きます。所定の項目を入力し、演題を登録してください。

UMIN演題登録画面へ

演題登録システムは、Internet Explorer、Safari、Firefox、Google Chromeの各ブラウザ最新バージョンをご利用ください。
上記以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。

発表形式

一般演題の筆頭発表者は日本先天異常学会会員に限ります。未入会の方は入会手続きをお願いいたします。

一般演題カテゴリー

発表形式で「01一般演題」を選択した方のみ、カテゴリーを選択してください。

  1. 生殖と発生
  2. 遺伝子と分化メカニズム
  3. 遺伝子異常
  4. 染色体異常
  5. 物理的要因による影響
  6. 薬剤や化学的要因による影響
  7. その他の環境要因による影響
  8. 栄養や食生活要因による影響

  1. 神経発生毒性
  2. 検査
  3. 診断(出生前診断を含む)
  4. 治療
  5. ケアとカウンセリング
  6. 症例
  7. 疫学
  8. 器官形成

  1. 四肢・骨格
  2. 顎・顔面
  3. 中枢神経
  4. 循環器
  5. 消化器
  6. DOHaD
  7. その他

制限文字数

項目 文字数
題名 全角50文字以内
最大著者数(筆頭著者+共著者) 20名まで
最大所属施設数 20施設まで
抄録文字数(一般演題) 全角400文字
抄録文字数(特別講演・シンポジウム等) 全角800文字

倫理規定[重要]

応募演題の作成に関しては「ヘルシンキ宣言」、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」、「遺伝子治療臨床研究に関する倫理指針」など、該当する研究領域に関する学会等の指針、見解等を遵守してください。実験動物あるいは微生物を用いた実験的研究を実施する際は、所属機関における倫理規定を遵守し、それぞれの機関が定める委員会(動物実験委員会、遺伝子組み換え生物等実験安全委員会、病原微生物等安全管理委員会等)の承認を得てください。
また、臨床(症例)研究においては所属機関の倫理規定に従うとともに本学会の利益相反に関する指針を遵守し、患者個人情報保護に十分に配慮してください。抄録の審査を行い、上記の規定に関して違反している場合は不採択となることがあります。
なお、抄録ならびに発表内容に不正(データの捏造、改ざんや盗用)が発覚した場合、本学会の所定の手続きにより処分されることがあります。

利益相反自己申告のお願い[重要]

演題登録時に、利益相反「有」をチェックされた方は、指定のフォーマット(様式1)に必要事項をご記入のうえ、会期前までに日本先天異常学会事務局まで郵送にて原本をお送りください。
COIに関する指針および細則は下記よりご参照願います。

提出先
日本先天異常学会 事務局
〒612-8082 京都市伏見区両替町2-348-302
TEL: 075-468-8772 E-mail: jts@ac-square.co.jp

演題受領と採択通知

  • 演題登録後は、登録されたE-mailアドレスに受領通知が届きます。
  • 登録された演題の確認・修正・削除は、登録締切日まで何度でも行うことができます。修正には演題登録時の受付番号とパスワードが必要です。なお、セキュリティの関係から、パスワードの問合せには応じられませんので、登録の際に必ずお控えください。
  • 投稿された抄録は原則として校正されません。そのまま印刷されますので、提出者の責任におきまして作成・入力ください。
  • 採否のご案内は、6月上旬を予定しております。

演題登録・確認・修正

以下の登録ボタンより確認・修正をお願いいたします。

UMIN演題確認・修正画へ

英文抄録作成について

  • 英文抄録原稿につきましては、Congenital Anomaliesに掲載いたしますので、7月28日(木)までに演題登録サイトからの登録をお願いいたします。
  • 氏名、筆頭・共同著者の所属機関名、演題タイトル、抄録本文について、英文でのご登録をよろしくお願いいたします。
  • 筆頭・共同著者のいずれも、名(First Name)は大文字イニシャルにて入力ください。
  • 「英文抄録本文」の制限文字数は250words となります。
  • 補助金などの交付を受けられている場合は、その旨、英文にて記載欄に入力ください。
  • 補助金などに関する記載の制限文字数は半角英数100文字以内となります。それを超える場合は、別途メール( jts@ac-square.co.jp )にて、登録番号と一緒にお知らせください。
  • 「利益相反」が「有り」の場合は、英文にて記載欄に詳細を入力ください。
  • 英文抄録につきましては、確認・修正画面より、ご入力ください。

    UMIN演題確認・修正画へ

Top